ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

週刊少年ジャンプ27号前半戦

仕事帰り、本屋にジャンプを買いに行ったらジャンプを持って前に並んでたのが「小学生男子」「女子高生」、そして自分(おっさん)というスゴイ状況でした。

昔は「少年ジャンプ」だから純粋に「少年だけが読んでいる」と思っていた時代もあったっけ。

さて、そんな世間の厳しい目にもマケず、今週もジャンプ感想始まるよ。


NARUTO

多面展開の術

先週の「ナルトとサスケ、狙われてるのはどっちだ」のヒキから、今週はさらにサクラチームとニアミスの香燐をも含めた3面展開。

・・・はいいんだけど、どーにもONE PIECEとかのような「スピード感」というのか「ドタバタ感」とかが無く、現状把握がしにくくなってるだけに感じるのは自分だけ?
オレの脳みそは今ッ!幼年時代に戻っているッ!単純!明快!そのオレが展開を理解しきれないぜッ!


さて、アイデンティティ云々言ってましたが、結局カブトは何がしたかったのか分からず。
オロチ丸を取り込んで、自分がパワーアップしたかっただけ?
カブトが言うように、ホントに「オロチ丸が絶対的な存在」で、それが無くなってから「自分が何者かわからなくなった」のか、それとも以前からオロチ丸の体を狙ってた(←イヤーンな感じ)のかどうか。

個人的には、カブトは暁とオロチ丸とに属する「二重スパイ」で、加持さん的ポジションだと思ってたんだけどなあ。


さて、カブトはオロチ丸の体を取り込んだ、という事で、以前予想していた「オロチ丸を支配したと思っていたサスケ、逆にオロチ丸に乗っ取られる」の線は薄くなったんでしょうか。

逆に、カブトがそのポジションに落ち着くことに。

オロチ丸
「こいつにとって予想外だったのは オレがゴキブリ以上にしぶといってことだな
自分が乗っ取られていくことに気づいてからの、こいつとの『共同生活』は楽しかったぜ
こいつの恐怖が・・・狂っていく様子が手にとるようにわかるのさ」


ONE PIECE

永遠にアフロ

おぼえているかい 少年の日のことを
あたたかい ぬくもりの中で めざめた朝を  
アフロ ふりむくな アフロ


「アフロだけは」と命乞いして逃げたらしいブルックさん。

「お前は次に『やめてアフロだけは』という」
「やめてアフロだけは・・・ハッ!」

という事で、前回の対戦ではアフロからがら逃げ出したようですが、なにやらアフロには大切な思い入れがある模様。


チョッパー
「そういえば・・・髪型の理由、前にチラっと聞いた事があるよ・・
ひょっとすると・・・あれが理由かな・・・」

実はブルックさんが子どもの頃、自分の学ランを車の下敷きにして助けてくれたアフロヘアーの学生。

ブルック
「どこの誰かは知らねーんだけどよう
おれはあの人にあこがれて同じ髪型にしてんのよ」


さて、ラストはボーボボみたいな髪型」とか言われてブチキレたブルックさんの「ヨホホホラッシュ」でシメるとしても、「リューマvsブルック」の勝負、リューマ側は「殺してはいけない」という制限つき、対するブルックさんは「塩を口に入れればオッケー」と、いささかブルックさん有利な気も。
まぁ、それ以上に強靭なボディはスニゲーター!な優位性がありますけどね。


そしてもーひとつ気になる「ナミの花嫁姿」
まぁ確実にドレス姿に着替えてるとして、ナミはこのシリーズだけで一体何回裸を見られた事になるんだ。エロス!


未来の夫婦タッグ

さて、フラロビ二人旅も残念ながら終了、麦わら海賊団が集結したワケですが、二人のキャラ的な位置についてBWさんもサイト上で「二人は夫婦で間違いない!」との太鼓判。(やや誇張)

「兄貴・姐御というよりはお父さん・お母さん」とおっしゃってましたが、言われてみればまさにそのとおり。
2人のポジションは「お父さん・お母さん」ってな、どっちかというと少し上から見守るポジションなんだなぁと、なんかモヤモヤが晴れた気が。


麦わらメンバーは、みんなそれぞれに重い過去を背負ってて単純に比べることはできないけれど、フランキー・ロビンはもうちょっと質の違う「重い過去」をそれぞれ背負ってきてたように、個人的には思う。

ベルメールさんのみかん畑」「くいなとの約束」ももちろんだけど、フランキー・ロビンはまさしく「世界」を敵にした過去、自分の行動によって世界の未来を左右してしまうような、そんな重い過去を背負ってきただけに他のメンバーよりもふところが広いというか単純に年齢だけでは無い経験の多さを持ってる気が。


・・・まぁどっちにしろ、フラロビ万歳という事です。二人とも、もっともっと時間をかけて、麦わらチームに馴染んでいってくれると嬉しいなァ。(ONE PIECE一体いつまで続く気だ)


▽REBORN!

黄金長方形をつくれ!

さて、エロイ顔をしながらラル・ミルチの特訓タイムが始まるよ!

最初の試練は、まず「ボックス」を開けること。
山本と獄寺は難なくオッケーという意外な結果だったにも関わらず、ツナはてこずっている模様。


「で・・・できない・・・やっぱりダメツナなんだ」

やっぱりピンチにならないと力は発揮されないのか?

ツナ
「できるわけがないッ!ラル・ミルチ!
そんなのすぐにできるわけがないッ!こんな状況で何なんだ!
できるわけがないッ!
さあ、言ったぞミルチ!
3回以上言ったぞ!
さっさとそのスケールを見せてくれ!」

ミルチ
「だめだッ!
『できない』と4度言うまでやれないッ!ゼッタイに!
それがミルチ家の掟だッ!
おまえに全ては説明したッ!
LESSON4だッ!
『敬意を払え』ッ!」


炎を黄金長方形の軌跡で回すんだツナ!


BLEACH

「あなたにとって・・・私は何ですか?」「奴隷だね」

エロス!

グリムジョーに、手枷・猿ぐつわをされた奴隷モードで織姫登場。羞恥プレイですかァーッ!?

「そんな顔のオンナをつれて歩く趣味はねえ」とか言ってたけど、そういう趣味だったのね、グリーーーーーームジョーーーーージャガーーーーーージャックさま・・・。

着々と死亡フラグを積み重ねていくグリームさんですが、最後に良い思いができてよかったね。


さて、そうこうしていると案外早くウルキオラさんが到着。
何なんだろうこの感じ。「ナメック星編」が急に頭によぎったのは気のせい?


ここで、「グリムジョー&一護」vs「ウルキオラ」なんて展開になるハズもないし、かといってもう一回ウルキオラがひく、ってのもクドイ気がするしなぁ。
織姫を拉致して、ウルキオラ退却(グリムジョー死亡済み)というのが妥当な線なんでしょうか。


・・・そして瀕死のグリムジョーが一護と合体してパワーアップ。「一護ジョージャガージャック」の誕生だ!(何がなんだか)