ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

週刊少年ジャンプ9号後半戦

年始からの来客ファントムキングダムが何とかひと段落。

これで更新の方も安定・・・とはいかないのがつらいトコロ。


日本一ソフトウェアの新たな刺客ソウルクレイドル 世界を喰らう者、そして今更ながら気になってる世界樹の迷宮ジャンプアルティメットスターズ等の誘惑が襲うッ!


「衝動とはいえ・・・つらい・・・
冨樫さん・・・もっと強い気持ちを・・・与えてください・・・


冨樫さァアアアん 最後の力をォオオオオッ!」


叫び!無心の叫び!
その叫びが冨樫の魂に通じたのかッ!(注:死んでません)
それとも(以下略)


という事で、最後の力をふりしぼって、何とかジャンプ感想後半戦更新。


ONE PIECE

キャプテン・ホネホネ・ハーロック

「仲間になれ」「いいですよ」とあっさり仲間化、紳士なガイコツ・ブルック。

・・・まさか、このまま旅路へレッツゴー!なんて展開でも無いだろうけど、果たして彼(?)は仲間になるのかどうか。


1.仲間になる場合

(1)仲間にするには条件が必要説。
「この海域から出られない」「呪われている」等の制限を何とか解決してレッツ・仲間!
「呪縛を解くと、生身が復活!実はナイスバディの美少女だった!」なーんてね、フフ・・・(夢路?)


(2)一時的に仲間になる説。
「この海域限定での仲間」「途中で成仏」「他の幽霊船から逃れるための犠牲に」等、感動的なフィナーレをご用意してお待ちしております。


2.仲間にならない場合

(1)悪意を持ってルフィ一行に接近説。
「賞金首狙い」「幽霊船の尖兵」などなど、「バリバリバリーッ!実はスパイじゃよー!」な展開。
最後はちょっぴりイイやつになるなんてー事も?

実は青キジが、体中の水分を気化してガイコツっぽくなった、ってのもアリ。(アフロだけじゃないか、共通点・・・)
だって、みんなでワイワイ楽しそうな麦わら一味&ロビンを見ていると、一度仲間になってみたかったんだもん。(ツンデレ青キジ説)


(2)ババヌキみたいなものさ説。
ガイコッツを仲間にするには、代わりに誰かを幽霊船に放り込まなくてはならないッ!

「この幽霊船はなァ〜ひとり入ると次の誰かが入るまで、そいつは『幽霊船』の外には出られないのさッ!」

「よくぞ聞いてくれました、実は私、サイボーグなんです」と、フランキーが残ることに!?


ま、でもやっぱりガイコツは仲間にならんと思うんですけどね。
・・・でも実は、「闇」に全てを吸い取られたエースだった!とかだったらどうしよう。


アイシールド21

熱いハートのクールガイ

「誰からも構われない」それまでの人生から一転、「居場所」を与えてくれたアメフト&ショーグンに全てを注ぐ進がアツイ!
ロボ超人だった進の過去が見られた事で、親近感アップ&「絶対に勝てない完璧超人」のイメージが少しダウン?


で、「監督の30年が正しかったということを」なんてのはもう感涙モノ。「はじめの一歩」で言うところの会長と一歩が思わずフラッシュバック。
監督としての年季や信頼度etc.は、どぶろくでは無くショーグンに軍配アリ?


しかしやっぱり「私待つわ〜♪」な年季が入った人間関係にはヨワイなぁ。

「待ってたんだ・・・高さを活かせる相棒を」の高見・桜庭コンビ、
「監督の30年が正しかったということを」のショーグン・進師弟、
そして泥門のヒル魔・栗田・ムサシトリオ。


何かもう、どっちのチームにも勝って欲しいよ!
というか、いっその事、両チームが合体して、決勝戦に進んでくれまいか!

「一先(ひとまず)」「応生(おうせい)」「先生」「一応高校」みたいなノリでヒトツ。
「王城+泥門」「城門」=王泥?)


TO LOVEる

えっちいのは作者です

「べとべとランチャーくん!!」

ララが構えた時、イブ・・・じゃなかった「金色の闇」がベトベトになるのを想像したのは自分だけじゃないハズだ!

あと、イブのパンチラよりもワキオープンッ!の方に目を引かれたのも自分だけじゃないハズだ!


BLEACH

アディオス・アミ〜ゴ!

以前は「俺に背中を任せてくれないのか」とか寂しそうにひざを抱えてたチャド(←あくまでイメージです)ですが、自分の方が優位と見るや、饒舌になったり「これがホンキ!」「いや、あれウソだよーん」と、ある種、相手をバカにしてるようにも・・・。そういや、しゃっく・・・じゃなかった石田もある意味そんな感じだったかなぁ。


しかし「巨人の右腕」(プラソ・デレチャ・デ・ヒガンテ)「悪魔の左腕」(ブラソ・イスキエルダ・デル・ディアボロ)と、なぜかチャドもスペインかぶれに。

石田サンなんかは必殺技の名前考えたりするの好きそうだけど、チャドがこんなの考えたのかなーと思うと、何だか意外。
虚の人たちは、元々スペイン語圏の人達なんでしょうか。それとも、チャドがスペイン語辞典を片手に必死で考えたんでしょうか。


そのうちスペイン語かぶれになったチャドが「アスタラビスタ・一護」なんて言い出す日も遠く無い・・・?