ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

冨樫の奇妙な冒険

「し・・・四月に描いてやらぁ!」

「あんたの四月っていつよ!」

と言うわけで「四月から連載」のハズがまだ遠く。
アレ?来年の四月って話なんだっけ、と、冨樫先生にハメられてしまったのかも知れないなぁと思いつつも、こんな時こそ「冨樫の奇妙な冒険」


久しぶりだけれども、

「君が描くまでッ!ネタにするのをやめないッ!」


▽冨樫の奇妙な冒険

謎の休載作家の巻

編集長
「二重ショック!
幽霊なんかに出会うよりももっと奇怪な遭遇・・・


許斐!


そして2月で木端微塵に長期休載したはずの冨樫義博がおれの目の前にいる!」


冨樫
「編集長・・・

(休載)地獄から舞い戻ったぜ」

編集長
「よ・・・喜んでいいのか・・・・

(漫画については素晴しいヤツなんだが・・・
人気作家ってのがちょいと扱いにくいし、その怠惰な態度がありありの野郎だからな
でもちょっぴりうれしいかな)」

冨樫
「おまえはそのソファーにすわって俺の連載ぶりを見てな」

ゴゴゴゴゴ・・・

編集長
「お・・・俺をにらんでやがる・・・

こ・・・許斐・・・
こいつ、オレが『消しピンの人』を代原にした事を知ってやがるんだ
憎んでやがるんだ」
(そんな関係だったのか)

冨樫
「おい許斐 どこにらんでる!
きさまの相手はこの冨樫義博が最後だ!」

許斐
「サボりなど相手になるか!」

冨樫
「そうかい」

ピシィーッ!

編集長
「うう!異様な白さで原稿があがったぞ!
今回も下書きなのか!?」

冨樫
「そしてェエエエエエーッ!」

メシアッ!(海苔だらけ)

冨樫
「ブァカ者がァアアアア!!!
冨樫の休載は世界一ィィィイイイ!!!
萩原(一至)の原稿を基準にィィイイイ・・・
この冨樫義博の原稿は作られておるのだアアアア!!


したがって許斐!
原稿をどのぐらいの白さまで下書きをすれば連載に耐えうるかも計算されておるッ!


おい編集長!
こんな原稿になったおれを気の毒だなんて思うなよ


おれの原稿はァァアアアアーッ!

我が休載作家の最高知能の結晶であり誇りであるゥゥゥ!!

つまり全ての作家を超えたのだァアアアアア!!!」
(そんなところに知能使わんでも・・・)

冨樫
「くらえ!
408週に148回の休載を可能ッ!
いつまでも『4月』を先延ばしに出来る作者特権だ!

一週一週の休載が俺の信用をけずりとるのだ!」(ダメじゃん・・・)

編集長
「今週も休載なのか!」

ドドドドドドドッ!


暴虐の限りを尽くす冨樫の休載ラッシュ。これにかなう術はないのか!?


許斐
「我が流法は『指』

指画六本の流法』」

ズゥゥゥン!

冨樫
「バ・・・バカな!
やつの書いている『COOL DRIVE』は見開きのページのはず・・・
小さいコマならともかく、見開きでアップのコマでチェックされないのは不可能なはず!」

編集長
「なんだあの指は!
なぜ指が増えるのだ!」

冨樫
「ま・・・まだ勝てん!
今のおれの常識では・・・
今の読者の感覚では・・・
やつには勝てん!」

ガシャァン・・・



・・・というワケで、次号の「許斐先生おかえりなさい」の意味も込めた冨樫の奇妙な冒険をお送りしました。(そうなのか)

広告を非表示にする