ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

冨樫の奇妙な冒険

とっくに「復帰予定」の4月も超え、ジャンプの目次からも「今週のHUNTER×HUNTERは休載します」の言葉もなくなった7月。

業を煮やした編集部は、遂にHUNTER×HUNTERを打ち切るという最終手段に出たのだった。

・・・だがしかし、そこに一人の男が現れた!


「よおみんな!
やっと連載に戻ってきたってのに誰も作者コメントで触れてくれねーだろォ!

・・・で聞いたら荒木邸で食事会やってるっていうだろう・・・
探したぜ」


担当
「おまえは・・・」

うすた
「まさか・・・」

大亜門
「冨樫ィィィーッ!!

うわああああ
冨樫が描いてるゥーッ!!」

冨樫
「えっ 描いてる?

・・・

ギャにィィィーッ!

なんでオレの漫画が打ち切りになってるんだ!?

ま・・・まさか!?」


「王子!
原稿はまだできてないんだから出しちゃあダメよン

はい・・・ベタ」


「お・・・お前は武内直子

な・・・なんだ!?いったい?
その抱えている原稿は・・・」

冨樫
「なんかみんなに話が通じねー

おめー・・・おれが某国に取材に出かけたまま出国できなくなった事も・・・
その後、星野の代わりにD.Gray-manの原稿描いてやってた事もみんな知らねーみたいだぞ・・・

どういう事だ!?

てめーちゃんと電報送ったんだろーなあーっ!!」


「・・・ごめんなさいー
忘れちゃってたーッ!」

冨樫
「オーノォー!
信じらんねーッ!
なに考えてんだこのアマ!」


岸本
「冨樫・・・」


岸本(ナルトの作者)はこのあと、冨樫に「水見式」をパク・・・モチーフにしたことを打ち明け、アメリカに逃亡。
2008年にハリウッド映画のNARUTO(実写版)」の監督となる


西公平ツギハギ漂流作家で連載を続けるが2006年、みんなに見守られながら22週の連載を静かに終える


クレイジー・大亜門はパロディ王、ジョジョパロ漫画の設立者としてさらにジャンプのパロディ界・ジョジョパロ界を発展させたが2007年、打ち切りで終了。生涯ジョジョオタであった。


矢吹健太郎は苦心しながらパンチラを描き続け、お色気漫画を極める。そしてのちに週刊少年ジャンプで初の袋とじ連載となる。


消しピンの人は冨樫に再会する事なく2006年の2週連続掲載のあと、誇り高き代原作家として名誉の打ち切りをとげる。




そして時代は流れる!世代は交代する!!

冨樫は・・・


冨樫
「ううう・・・・
大切な一人息子が漫画家になってもう数年・・・

なんで集英社で連載していかなきゃならないんだ?
休日なんぞ忘れちまっとる!
ゆるさん!
大切な息子を・・・集英社めッ!


・・・でもONE PIECEは好きだがね」(まだ続いてるらしい)


ゴオオオオオオ・・・

─ 第2部完 ─

広告を非表示にする