ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

投稿野郎Jチーム!

12月は投稿強化月間。(勝手に)

なんか「こんなネタ更新してー」とか言うのがあれば投稿プリーズ。
自分の手に負えなければ、皆さんに更新してーと、逆にネタフリするかもしれませんがヨロシク!

集え「投稿野郎Jチーム!」

「俺ははちべえ。通称ジャンプマン。
自慢の妄想に、常人はみんな困惑さ。
ハッタリかまして、冨樫の休載からボーボボまで、何でもネタにしてみせるぜ。」

と言うわけで今回は、1回限りの単発かと思われたボーボボネタ「魔小水ビュティ」を勝手にやっちゃうよ!

▽魔小水ビュティ

前回のあらすじ


(いつか必ず戻ってくる
あいつは俺の子だからな)

絶対に仲間を裏切らないと誓ったへっくんだったが、ビュティに恋するあまりボーボボと対立してしまう!
そのときへっくんの体に異変が!!

ビュティに恋するあまり裏切ってしまったヘッポコ丸に、かつてボーボボが言っていた言葉が思い浮かぶ!

ボーボボ
「最も大切なのは『信頼』だよ ヘッポコ丸君・・・
恋だとか金だとかで裏切ったりしたなら・・・

それは君が『信頼』できない男!という事だ・・・」

ヘッポコ丸
「なんて事だ・・・まずいぞ!
オヤジと約束したのに・・・
なんて事だ・・・」

ゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ヘッポコ丸
(な・・・なんだ・・・!?今のは・・・)

ブラックサービス
「おまえ・・・『裏切り』をしたな!

サービスをやろう・・・向かうべき『二つの道』を・・・」

天の助
「お・・・おかしい・・・
か・・・体が動かないんじゃワシ・・・」

なんと黒いサービスマンが、どこからかボワっと現れて天の助の魂をワシ掴み!
実は天の助も、いつもの如く裏切り行為に走っていたのだ!(巻き添え)

ブラックサービス
「サービスには・・・『お前が向かうべき二つの道』がある
ひとつは!生きて『選ばれる者』への道

もうひとつは!さもなくば『死への道』!!」

絶対絶命の天の助!このまま粉々に砕け散るのかッ!?

その時!

田楽
「さよなら天さん・・・どうか死なないで・・・!」

いつの間にかブラックサービスの背中に張り付いていた田楽マンが自爆!木端微塵に。
当然ブラックサービスは無傷でピンピン。

天の助
「田楽ーッ!」

ヘッポコ丸
「やつはッ!我々を気にも留めていないッ!
自分を犠牲にして自爆した田楽マンに対する彼の気持ちは!
人間が蟻を踏んでも気づかないのと同じなのだ!」

天の助
「田楽マンは・・・ただの田楽だった・・・
普通の田楽と同じに・・・おでんを愛し・・・自分を愛し・・・アイドル活動にいっしょうけんめいのただの田楽だった!

ただの田楽だったッ!!!!


俺の精神テンションは今ッ!
スーパー時代に戻っているッ!
売れ残ってワゴンのスミに追いやられたあの当時にだッ!

半額!期限切れ!
その俺がきさまを倒すぜッ!」

クアァァァア・・・・

天の助
「ところてんは!
食べるもの!だなんて安心するなよ!

風をつっきるところてんもあるッ・・・
はぐれ悪魔コンビが使ったというサンシャインマグナムの応用編・・・

ところてんマグナムーッ!」

バババババッ!!

天の助
「高速回転による遠心力を利用した円柱状ところてんだ!
オバQ』のコスチュームなぞ切り裂いてやるぜ!

それにサービスのための股間の隙間が、おあつらえ向きにところてんマグナムをすいこんでいくなあ!」

ブラックサービス
「SHHHYYYYAAHH!

こっ・・・こいつのこの『ところてん』の強さはッ!
予想以上にッ!」

ついにブラックサービスを追い詰めた天の助。
果たしてこのまま彼に勝機が訪れるのかッ!

というかヘッポコ丸の出番は訪れるのかッ!

それ以前にそもそもビュティが出てないぞ!

(つづく)(かも)

広告を非表示にする