ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

感想サイトの奇妙な更新

「冨樫ばっかネタにしてたんじゃあな・・・
バツが悪くて更新さぼれないぜ・・・」

という事で今日は趣向を変えて「感想サイトの奇妙な更新」

当然のことながらフィクションであってノーリアクションでよろしくお願いします(何のこっちゃ)


もしもサイトを閉鎖することになったら・・・

読者A
「てめーっ 他のサイトを作ってもよーっ!
逃げられると思えんのかーッ
Webの果てまでてめーを追ってやっからなコラーッ!」

管理人
「逃げられるさ・・・・
簡単にな・・・

お前らは俺の顔を見てはいない・・・
名前だって偽名っぽくない?
『はちべえ』ってよ」

読者A
「な・・・何だ!?
プロフィール・・・偽ってんのか!?
ネナベか?」

管理人
「『閉鎖』を考えるってのは『逃げ切る』事も考えるって事さ
それより読者、どうしてもこのサイトを続けたければお前が替わって更新すればいんだよ。
パスワード晒してるんだからよ・・・」

ゴゴゴゴゴゴ・・・

管理人
「それじゃあ俺はこれでさよならするぜ」

読者A
「きっ・・・きっさまぁーッ!」

読者B
「もうダメです。どうしようもないです。
Aさん・・・わたしがこのサイトを続けます」

読者A
「何だって!?何言ってんだコラ」

読者B
「いえ、私が更新します
そもそもは私が掲示板を荒らした事が始まりですし、こうなったのも自分が管理人を追い詰めたからなんです。

『ぼくだって少しはやるんだぜ』『ちょっとは見直したかい』って思ってもらうためにやったんです。

気にしないで下さい 私が更新します
日記のようなものと思えば・・・結構書けそうだし・・・」

管理人
「何か変なヤツだが健気な言葉だねェ〜ッ!
でも、ま・・・
俺にとっちゃあ誰が更新しようが関係ないがねェ〜

俺さえやめれりゃそれでいい・・・・
後はお前らで勝手に決めてくれ」

読者A
「いいや、残るのはお前だよ

・・・

おめーに『さよなら』って言葉があるとするならよーッ!
俺たちが『さよなら』と言うのを聞く時だけだッ!」

・・・果たして悪はどっちなんだッ!?



もしも掲示板が出会い系サイトの宣伝ばかりになったら・・・

読者A
「あの書き込みにレスしている・・・
『サイト開設しました』って『Cocoaちゃん』の書き込みにレスしようとしている・・・」

ドドドドド・・・・

管理人
「そこのURLはよお〜〜
たぶん『Cocoaちゃん』が運営しているサイトじゃあねえ・・・」

管理人
「名前だけ『Cocoaちゃん』と書いたただの出会い系サイトの宣伝だって事はわかっていたさ・・・

Cocoaちゃん』のサイトは罠だ・・・

それはわかっていたんだ・・・そうなんだよなぁ〜

しかしよォー
それでもなぜおれがその『書き込み』にレスしようとしたのか・・・

ひょっとしたら『Cocoaちゃん』かも知れないと思ったら・・・
万が一でも!
うちの読者である『Cocoaちゃん』だっつー可能性があるのなら!

そのカキコにレスしないわけにはいかねえだろう・・・!!」


※『Cocoaちゃん』は@amさんの掲示板から名前を拝借しました。(いいのか)


もしも好きな漫画が打ち切りくらったら・・・

管理人A
「と・・・扉絵に『最終回』の文字が・・・
いちご100%が終了したのは・・・こ・・・この号のジャンプ・・・・」

管理人B
西野つかさが・・・そこに・・・
西野ォォーッ!

うあああああああーッ!」


ここはコンビニ・・・
どこかに店員や客が潜んでいる

しかし二人は感情をおさえきれなかった・・・

管理人Aは叫んだ
西野つかさの名を!

管理人Bは流した
悲しみの涙を!

けれども西野つかさの名を呼んでも
返ってくるのは周りの冷ややかな視線だけ・・・・・

いちご100%は終了したのだ・・・

管理人Aと管理人Bは『次回作にご期待下さい』の文字によってこの事実を実感した・・・


・・・こんな人(西野ォォーッ!と叫びまくり)がコンビニにいたら嫌だ。(でもヒジョーにわかるよその気持ちッ!)


もしも冨樫が休載したら・・・

管理人
「ヌウウ!なめんじゃねえ!」

ギラン

管理人
「俺の精神テンションは今ッ!少年時代に戻っているッ!
幽☆遊☆白書がスゴい状態だったあの当時にだッ!

冷酷!残忍!その俺がきさまをネタにするぜッ!」

クァァァ・・

管理人
「『感想』は!
読んだ感想を書くもの!だなんて安心するなよ!

読まずに書ける感想もあるッ・・・

ファンロードが使ったという『見せましょう』の応用編・・・

『冨樫パロディーッ!』」

シュババババーッ!

管理人
「休載やネーム原稿を利用した『冨樫パロディ』だ!
『休載』の理由など突き崩してやるぜ!

それにきさまの身を守るハズの『長期休載』がかえっておあつらえ向きにネタになっていくなあ!」


・・・休載してもまぁネタにできるからいいやとポジティブシンキング・・・できるかァァァア!

広告を非表示にする