ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

冨樫の奇妙な冒険(by KTRさん)

本日も冨樫ネタに投稿頂きました。どうもありがとうございます。
まずはKTRさんのジョジョネタから。KTRさんいつもありがとうございます!


どうもKTRです。「冨樫の奇妙な冒険」またまた送らせていただきました。


これまで第1部〜第5部まで広くネタにして来ましたが、まだ第2部はなかった
んですよね(はちべえさんが結構名作をネタにしてきたので)。ようやく第2
部ネタを送ることができます。「死の締切を突っぱねろ!」


――


担当「『原稿』は絶対に手に入れるッ!」


冨樫「担当のこの催促の仕方は…『都合により休載』など考えていない催促の
仕方だ!書きかけの下書きでも構わず載せるつもりの催促の仕方だッ!」


(書きかけの原稿を奪う担当)


担当「ニヤリ」


冨樫「何だそのニヤリは。やはりその程度のことだったのね。そういうのは俺
以外の担当の時にして欲しいんだな。
実はその原稿は単行本の修正なのだよ。プラス、息抜きもかねてね」


担当「ううう!(おもむろに寝袋を取り出す担当)」

冨樫「ぐあっ、ば、ばかな、カバンから寝袋がッ!編集者の生活が、俺の生活
と一体化し始めているッ!じょーだんじゃねー、こいつに俺の(ゲーム)
生活を脅かされるのはッ!」


担当「なにがなんでも、『原稿』は『締切』までに、手に入れるッ!」


冨樫「これよこれ。なによりおっかねーのはこの『締切』。『休載』を利用し
てゲームをするのは俺の得意だが、この『締切』というやつはなかなか
厄介だぜ。『休載』の反対語みてーなもんだからな。」


冨樫「(だが、まてよ。一見最悪の状況だが、これはチャンスでもあるぞ。二
週連続で掲載して、代わりに長期の休載に入ればDQ8をやるチャンスだ)」


担当「やはりな…。無理矢理二週連続で載せて代わりに休むと思っていたぞ。
それならば…長期休載を利用して打ち切ってやろう!」


大亜門DQ8をやっている冨樫には原稿を書く時間がない!打ち切られるぞ!」


(ゲームの合間にちょいちょいと書き込み、白く光る原稿をかざす冨樫)


担当「MMMMMMMーッ!」


冨樫「打ち切れるわけねーよなあ。書きかけの原稿を前にして打ち切れるわけ
ねーよなあ。おまえの編集者としての習性を利用させていただく防御策
というところか…」


担当「し…しかし、ゲームをしながら書いてたんだ。(ページ数が)足りるは
ずがない!」


大亜門「足りない分は、この俺が…補うぜ!(穴埋め代原で)」


編集B「な、何なんだ!お前らのその息の合ったコンビネーションは!きさま、
冨樫が落とすとわかっていたのか!」


大亜門「フン、DQ8の発売日が近いし、前回の原稿の荒れ具合から見てそろそ
ろ落とす。そう思っただけさ」


冨樫「へへへ、だがその連載作家のレベルまでやっとお前も到達できたわけね、
大亜門


大亜門「なにィ〜〜!」


冨樫「ナイス!ベリーナイスよ、亜門ちゃん。それから編集長に伝えてくれ!
来週号のページは埋まった、とな!」






担当「フハハハハ!大したタマだ、冨樫。次の改変期まで連載は預けておこう」

(KTRさん)

そういやKTRさんからは幅広いネタで投稿頂いてましたが2部ネタは無かったんですね。
「足りない分は、この俺が…補うぜ!(穴埋め代原で)」って・・・全部足りてないよ!1ページも無いよ!