ジャンプ妄想局

ジャンプ感想や漫画の事など

※毎週月曜日スタート、Twitterにて「ジャンプ感想祭り」開催中!毎週のジャンプ感想をみんなで共有しませんか?ハッシュタグは「#WJ〇〇」(号数2桁・合併号は前の号⇒2・3号なら#WJ02)お気軽にどうぞ!
※ジャンプ感想祭りアンケート企画も開催中!今週のジャンプで特に面白かった作品3つを「今週のベスト3 #WJ〇〇」(←号数2桁)のタグをつけてつぶやいてみて下さい!後で集計したりしております。途中経過or結果はこちら ※↑の画像は「今週のベスト3」の票数の推移)
Twitterはこちら(現在主にこちらに生息中)

【サンデー感想】週刊少年サンデー2017年33号

今週のサンデー感想、今回は

天野めぐみはスキだらけ!/保安官エヴァンスの嘘/古見さんは、コミュ症です/初恋ゾンビ/だがしかし/第九の波涛

の6作品でお送りします!

天野めぐみはスキだらけ!

ふわふわ天国ダブルですっ!

お風呂で一波乱あるかと思ったけどそこはアキちゃんのおっぱいサンドイッチだけで終了、本番は「ドキッ!枕は二つ、布団はヒトツ」大作戦でした。…いや、枕も布団もヒトツか…!

初恋ゾンビの林間学校での指宿くんの添い寝もかなり破壊力あったけどめぐみボディの破壊力も中々のものですな!(比べてゴメンね指宿くん)

最後は誤解解けたとはいえ、ラッキースケベ(?)でビンタ食らうのはちょっと学が可哀想なので次回で何らかのフォローを是非!

▽保安官エヴェンスの嘘

デレデレオークレイふたたび

先週お休みしたオークレイ、早くも復活。
これ、エヴァンスと違ってオークレイは完全に「向こう(エヴァンス)が告白してきたら受けてもいい」とかいう段階は完全に超えて恋する乙女度マックスですよねぇ…連載開始時はギャグ寄りのコメディーかと思ってたらいつの間にかラブ寄りのコメディーに。駆け引き渦巻く男と女のラブゲーム♪

しかし今回の「ちゃっかりエントリーしてるオークレイ」には笑ったり微笑ましかったり。不自由な二択!
最後にちょっぴり幸せな気分になるオークレイにはいつも癒されております!ごちそうさまでした!

椅子を蹴り飛ばしたり、説教するエヴァンスは格好良かったよ!(心の声が聞こえなければ)

古見さんは、コミュ症です

『バーニラ バニラ バーニラ』←ロート製薬のメロディーで脳内再生

前回の古見さん視点のクリスマスプレゼント回に対し、今回はクラスメイト視点の巻。

なんか普段は割と落ち着いて空気読んでる感ある只野くんが冒頭から慌てふためいてなじみに助けを求めてるのがグッド!

最後のお通夜ムードの中に只野くんも入ってたようで意外。
いつもなら古見さんの心中を察して「大丈夫、古見さんは喜んでますよ」的なフォロー入れそうなもんだけどそれどころじゃなかったか…これも只野くんが古見さんへの好意を意識し始めたことも影響してるのかな?青春ーッ!

巨大ぬいぐるみに入って古見さんとあんなことやこんなこと…と妄想する山井さんにはドン引きだったけどお通夜ムード時に心底落ち込んだり古見さんメールで感涙の涙を流す姿には和んだり。もう好きとかいう次元じゃなく宗教だよコレ…(まあそれ言うとみんな古見教だけど)(そういえば古見さんは神だった)

初恋ゾンビ

冒頭の『ムカプリー』イヴがイカスー!

板挟みタロウはつらいよの巻。

タロウも江火野さんの事を時々ドキッとしたり意識はしてるようだけど今回はイヴに危険が降りかかってるもんだから仕方ない…とはいえ直前のウキウキドキドキ江火野さんの様子も見ていたのでやはりツライ…指宿くんもイブもツライし、今回はツライラッシュだよ…!

しかし人吉くんの江火野Zもいつまでも放っておくわけにはいけないし今エピソードで何とかしてほしいトコロ。

人吉くんが誰かとくっつくのか、それとも江火野さんに幻滅してもらうか…。江火野さんに突如ヒゲでも生えてくれば幻滅してくれるかな(ヒドイ)…ヒゲづらの嫁がほしいか?らんまくん!(?)

でも江火野さんが「あたしあんまり興味ないなー」と言ってる横で江火野ゾンビが「ウソツキ…」って睨んでたって事は人吉くんも江火野さんの気持ちには気づいてるのかな?どうなんでしょうね。

▽だがしかし

ハジメさん、デビュー!

ヨウさんのユーチューバー話、久々に見たな…まだ覚えてたのか…!

「そう!ハジメちゃんに出演していただくのだ!」

いや、分かっちゃいるんですけどね…ユーチューブへの出演とは分かってるんですけど分かっちゃいるけどやめられない♪(いかがわしい想像とか)

しかし、普段からこの漫画に感じるうすた京介作品」のニオイ、今回は完全にピヨ彦親子のやりとりだコレ…!

とりあえずほたるさんにはウケたみたいだけど、これアリなんじゃないですかね…!次はほたるさんとサヤ師も加えて駄菓子アイドルユニットの誕生でヒトツ!

▽第九の波涛

ヒロインのターン、終了…

先週は「おっ、なんだかおもしろくなってきた!」感が凄かったのに主人公のターンに戻った途端にがっくり感…もうちょっとクジラ養殖の話見たかったヨー!

しごき・規律描写も必要なんだとは思うだけどもうちょっと水産的部分をね…ホラ、鮫のいるプールで泳ぐとかそんなのを…(死んでしまう)

【ジャンプ感想】週刊少年ジャンプ2017年32号

今週のジャンプ感想、今回は

ONEPIECE/ブラッククローバー/火ノ丸相撲/約束のネバーランド/鬼滅の刃/ぼくたちは勉強ができない/Dr.STONE/HUNTER×HUNTER/青春兵器ナンバーワン

の9作品でお送りします!


ONE PIECE

たとえ嵐が吹こうともたとえ大波荒れるとも

漕ぎ出そう戦いの海へ 飛び込もう戦いの渦へ
…という事で脱出目指して頑張れシーザー!そのため体を張って道を作るジェルマの戦士たちがアツイ!

ジェルマの皆さんが必死になってるのは恩義やら何やらよりも意地、任務遂行的な意味合いが強いのかな。それでも心強いし(最期に)感情を取り戻して欲しいなとも思うのです。

シーザーはまあほっといても死なないでしょ…バギー的な感じで…!

ブラッククローバー

ナルシス兄さん大活躍

ミモザ兄、只のナルシストなキラキラキャラではなかった!

「ずっと眠っている団長に代わり団の実務をほぼしているという話だ…!」

確かにマグナやソルの扱い見てても分かるように人の使い方がウマい…!

ナルシストなキャラは何となく他人を見下してるイメージがあるけど相手の強みを的確に見抜いたうえでおだてつつアドバイス!これは今回の単純な2人でなくても「キモチイイ~」な感じになるハズ!3人のキメポーズはキモイけどかっこよかったヨ!

最後の猛花吹雪、何か思い出すと思ったら白金(みえるひと)の「天使の一服(スモーキーエンジェル)」か…ミモザ兄のキャラ、そして花吹雪で分身?みたいなのも出てたからかな?

火ノ丸相撲

どこまで続くクライマックス

毎週、今週こそがクライマックス…!と思ってたら今週こそがクライマックスでした(混乱)

草介が投げられるところみても「まさかここから逆転が…」
「潮の勝ち!」と言われても「まさかここから物言いが…」

と思ったけど小さな体で本当によく頑張った…!正真正銘の勝利
みんなの涙にこっちももらい泣き…、本当に良かったねえと思ってたら最後の火ノ丸の涙で涙腺決壊。

(特にサンデーの)スポーツ漫画でよくある、小さい頃に家族(親や兄弟)が亡くなってその家族との約束・想いに報いるためにも…な展開に弱いんだけど火ノ丸も「母から与えてもらった小さな体」で決めた優勝はホント来るものがありますね…

さて、まだ続けようと思えばプロ編(大相撲編)もあるけどどうなんでしょうね。ここで綺麗に終わるのも続くのもどっちも見たい気持ちはあるけど如何に。

約束のネバーランド

人間なんか食べないよ らしくないのがいいところ

↓先週こんな事書いてたら実際「人間食べないよ派」の鬼もいた模様。

さてではここで問題。この鬼(仮)たちは一体どんな勢力なんでしょう。

・人間食べないよ派。「もう人間を糧にするのはやめよう」
・人間食べるけどなるべく我慢派。「俺の腹は人間以外受け付けない…これでもかなりガマンしてやってるんだぜ」
・人間ガンガン食べるよ派。「好きなだけ食えばいいのさどうせ奴らは(農園で)勝手に増える」

どうやら宗教上の理由で人間食わないようだけど「宗教上の理由で豚は食べない」とかそういう感じなのか雷禅のように特別な人間との出会いか何かあったのか。

「珍しい…今日日生きた人間なんて農園の内側くらいでしかお目にかかれないからな」

なんかこのセリフ、「乱獲しすぎたせいで天然物の人間は絶滅しかかっていて養殖・繁殖に力を入れている」みたいで人間としてはなんだか複雑な気分。まぁ人間農園の時点でそんな感じですけどね。豚のエサにヨーグルトを混ぜておいしい肉に仕上げましたみたいな感じですもんね。

鬼滅の刃

頭突きはダメ!ゼッタイ!

「千寿郎さんを悪く言う人がいたら俺が頭突きします!」
「それはやめた方がいいです」

ナイスツッコミ千寿郎!剣士になるのは諦めてツッコミの道を究めるのだ!

そして炭治郎、煉獄さんの形見の「日輪刀の鍔(つば)」をゲット。
「きっとあなたを守ってくれます」との事だけどきっと、刀をなくされて怒り狂った鋼鐵塚さんがこの鍔を見て「これは…!」と機嫌治してくれるに違いない。

それはともかくとして煉獄さんの刀の鍔に助けられる炭治郎を想像すると今から泣けてくる…煉獄さん…(未だ引きずり気味)

▽ぼくたちは勉強ができない

ポンコツヒロインまた一人…

外ではキリッ!家ではズボラ… その名は桐須真冬!

冷徹な感じと生徒を思う心、
大人な雰囲気と「男の人を部屋に入れるなんて生まれて初めて」

桐須先生のギャップ攻勢に今回で「陥落!」した読者も多いハズ。
そのうち「ぼく勉はうるかと桐須先生の二大ヒロインに路線変更すべき!」とか言い出す過激派読者が現れないか心配しております。

しかしまあ「生徒とはいえ男を部屋にあげる」のがマズイんじゃなくてあの状態の部屋に人をあげる事自体、男だろうが女だろうが生徒だろうがマズイ事なんじゃと思うけど桐須先生の感覚は一体…

▽Dr.STONE

今日の勇気を 明日の希望を

千空以外の科学マン・クロム登場!
原始の村でコツコツと、小さな頃から色々集めて何でも試して…これは千空もそそられますよねぇ。

しかしここ原始の村でも科学が生まれつつあるということは他に存在するかもしれない村・集落でも同様の可能性が。「未来の知識」を持った司がサポートする事によって科学の力もゲットしたりしないか心配でもあり。

HUNTER×HUNTER

意外と落ち着いた筋肉・ベンジャミン

当初のイメージとは違い、意外と冷静な判断もできる人の模様。しかも念能力を使えるとは…!なんかこの人が王になるのがいいんじゃないの?と思ってしまったけどまぁ確実にツェリードニヒよりは良いですもんね…。

そして情報戦や上位王子の権力を使ったバトルが始まろうとしている…!

「念」「念獣」を知らないからカタカナで「これはネンジュウについて知る好機と見た…!」とか言ってるけど与えられた情報から推測した結果「どうだ!これがネンジュウだろ!(バーン)」とマンジュウを出してくる可能性もあるのでまだまだ気を抜けない…!

▽青春兵器ナンバーワン

狂気とやさしさに溢れた世界

「俺みたいな兵器のとこにくるはずないよな…」

普段は兵器の力で好き放題やってるクセに、たまに「だってオラ兵器だから…」と悲しさを出してくるのズルイよ…!

学祭の時といい、振り回されながらも零一のために色々頑張ってみたりやさしさを見せるエージ、そしてエージに対する零一の思いやり(サンタさん)といい、本当にやさしい世界で嬉しい限り。(でも時々今回の東くんみたいな悲しい世界もやってくるのが切ない…)

【サンデー感想】週刊少年サンデー2017年32号

今週のサンデー感想、

古見さんはコミュ症です/舞妓さんちのまかないさん/天野めぐみはスキだらけ!/初恋ゾンビ/だがしかし/第九の波涛/保安官エヴァンスの嘘/柊様は自分を探している

の8作品でお送りします!


古見さんは、コミュ症です。

古見笑介(弟)

「通りかかった弟(笑介)。」

この字面が初見で「通りがかった弟(笑)」に見えてしまって古見さんの餌食になった描写」なのかと思ってしまった…(まぁ間違ってないけど)

古見さんはコミュ症ながら弟には割と強気で「無理やりついてこさせる」ぐらいのパワーはあるんですな。

そして相変わらず会話は無くても目と目で通じ合う~な古見家の人々。前にも言った事あるけど古見家に只野くんが婿入りしたら只野くんと古見母だけ(言葉を発して)しゃべってそう。他の人(古見さん・弟・父)はしゃべってなくてもみんな通じてそう。


舞妓さんちのまかないさん

キヨちゃん落ち込む

(主に)京都ではどちらかというとみんなを包み込むようなおおらかさのキヨちゃん、おみくじで落ち込んだところをすーちゃんと健太に影ながらやさしくフォローされるの巻。よきかなよきかなこの3人の関係。

当初はいずれ3人の恋愛関係も…!?とか思ったりもしたけど3人にはいつまでもこのままの関係でいてほしいなあ。

「舞妓さんとしてしっかりきばれますように」
「みんな元気でいられますように」
「野球部でレギュラー取れますように。」

このお願いだけで3人のキャラがよくわかるの凄いな…このままの3人でいて!


天野めぐみはスキだらけ!

学たちは勉強ができない

「…これはチャンスだ!このスキにたまった参考書を消化するぜ!」

速攻でのフラグ立て、そしてフラグ消化お疲れ様です!

いつもは勉強教えてあげてる学が逆にめぐみに教えてもらうのも新鮮でよいカモ。「スキー場だとウチが先生だね!」は露出してないのにエロさが爆発のゲレンデマジック!

このまま遭難して猛吹雪の中、山小屋で…2人きり…何も起きないハズはなく…「…これはチャンスだ!このスキにたまった参考書を消化するぜ!」な展開かと思ってたのに…!

初恋ゾンビ

ボクが乳を嫌いなんじゃない!乳が僕を嫌いなんだ!

未だ成長を続ける江火野バストに指宿くん石化の巻。
父の悩みがとりあえずひと段落かと思えば今度は乳が…父難(ちちなん)さってまた乳難(ちちなん)…

そして新シリーズ!文化祭編始まるよ!
初恋ゾンビ「新シリーズ」「新章」って結構頻繁にやってきてる気がするな…修学旅行編、里帰り編、選挙編、指宿父編、そして文化祭編。どれもついこないだのように思うけど展開早いなー。ちょっとずつ指宿君・江火野さん・タロウの関係性も進展してるけどあまり進展して(終わって)欲しくもないおっさん心…。

文化祭はラブコメ定番のロミオとジュリエット…うっ…頭が!
…が、ここはサンデー、ジャンプではないのでロミオとジュリエット・バトルロイヤル!」という事でらんま1/2のロミジュリのようにバタバタしてくれる事を希望。じゃないと指宿くんの悲しそうな表情の切なさ乱れ撃ちが…

▽だがしかし

成長性…E(超ニガテ)

f:id:hachibee:20170706213916j:plain

謎が多い遠藤家の両親。今まできちんと出た事あったっけかな…?今週号の「そろそろおいとまするよー」って言ってるのがお母さんかな?だとするとサヤ師の胸はやはり将来性皆無なのか…!?ほたるさん母はすごそう(色々)

兄妹二人のお正月inおばあちゃん家。
我が家はいとこが居たので正月・盆はみんなで遊べるのが楽しみだったけど兄妹だけだとこんな感じでダラダラと過ごすのかもですね。

しかしせっかく久々に出て来たサヤ師、ココノツとの絡みが電話だけなんて寂しすぎる…けど「うひひ…デェトかなっこりゃ。」が可愛かったのでヨシ!(豆くんの「ちょっと…あたしもまぜなさいよ!」もグッド!)

▽第九の波涛

ずっとヒロインのターン!(希望)

ありゃ…シゴキ大学編はちょっとイマイチに感じてたけどヒロイン編は何か面白そうに感じるぞ…絵面(むさくるしい vs はなやか)やヒロインパワーだけではないと思うんだけどやっぱりテーマなのかな?

愛玩動物としてではなく水産大学らしく家畜としてクジラの飼育を…!というのは中々面白いと思うけど「クジラ食べるの反対!」な人からの抗議とかどうなのかな。野生じゃなきゃいいのかクジラである限りはNGなのかどうなんでしょうね。

保安官エヴァンスの嘘

今週のオークレイはお休みさせていただきます

久々の気がするオークレイ不在回…なのはちょっぴり残念だけど悪(と誘惑)や葛藤と戦うエヴァンスもやっぱり面白いな…!連載当初はネタ切れ心配だったけどコレは大丈夫そう?

エロコメにおけるご都合展開ともいえるラッキースケベとは真逆の力でとことんエロスにありつけないエヴァンスが惨め。エヴァンス、今まで彼女どころかパンチラすら見た事ないのでは…と思わせる何かがある…!(うらやましくない)

▽柊様は自分を探している

スーパー圭二郎?スーパー弱い武聖?

「いや、なんつーかあいつ小物感がハンパなかったし、あそこで勝っちまったらここに来られてないだろ?」

やはり初戦はわざと負け、実際は前回圧勝したくらいの力の差があった模様。ええ…圭二郎がかなり強いのか武聖が天狗の中でもかなりスーパー弱いのか段々わからなくなってきた…

圭二郎らしくない、というのは言われてみればそのような、そうでもないような…柊様に振りまわ…惹かれて変わって来てる圭二郎を見てる時間が長くて違和感ナッシングでしたヨ…また1巻から読み直して初期の圭二郎(や柊様の生足)を見てこよう!(そして彼は帰って来なかった…)